【親の家】減築リフォームのメリットと親世代の今を大切にする形

親の家のことは、わたしたち子供世代にとっても

気になっていることではないでしょうか。

 

今朝のテレビ番組、特ダネでやっていた「減築リフォーム」は、

いつかの未来より親世代の「今」を大切にする形のひとつ

なのかな、と思いました。

 

おはようございます。

静岡 働く女性の片づけ教室*コサチの

孕石さち子です。

 

【親の家】減築リフォームのメリットと親世代の今を大切にした形

 

 減築リフォームとは 

住んでいる人にとって”広すぎる”と思われる家を

2階部分をなくしたり、増築した部分をなくしたりして”小さく”すること。

 

例えば、子供世代が家を出た後、広い家に住む親が

ライフスタイルを見直して、部屋を減らすという選択をし、

家をダウンサウジングすること。

 

親の家

 

 減築リフォームのメリットは? 

  • 広い部屋の手入れの手間が減った。
  • 建替えより、低予算。
  • 残したい思い出は残せる。
  • 使い慣れた動線なので、その後も生活がスムーズ
  • 固定資産税が減らせる

などなど・・・

 

ある方は、37年使ったキッチンはそのまま残したいというのは意外でした。

最近はキッチンだけでもリフォームしたいという方多いですよね。

でも、高齢になってから、新しいことを身につけたり覚えたりするのは

なかなか難しいことなのです。

新しいことが全ての人にベストとは限らない。人それぞれの想いがあります。

動線が変わらないというのも、片づけをするのにもとても良いですね。

 

 減築リフォームを選択した場合に必要なこと 

  • これからどう生きるのか、自分らしい暮らしを考えること。
  • 部屋数を減らすためにも、必要なものと不必要なものを見極めること

 

この2つ、いつも片づけサポートでさせていただいていることですね^^。

ライフオーガナイザーの得意分野です♪

減築リフォームを選択する時、これからの暮らしとモノの見直しをする時は

お力になれそうです。

 

親の家

 

 なぜ親世代の「今」を大切にする形なのか? 

番組内では、減築リフォームをした人によると、

  • 大きな家だと、掃除や手入れが大変。
  • 子供世代が家を出て、部屋が必要なくなった。(戻ってくる予定がない)
  • 子供からこう言われた。

 

「お金は残さなくていいよ。自分たちのために使ってね。」

 

これ、私たち子供世代の本音かもしれません。

戻ってくるときのために部屋を空けておきたいという気持ちも分かるけど

いつかの未来のためより、やっぱり両親の「今」を大切にして欲しい。

快適に、しあわせに暮らして欲しいから。

 

親の家

 

ご両親はこれからどう暮らしたいと思ってる?

あなたは親にどう暮らして欲しい?

 

それを考えた時のひとつの選択として、

減築リフォームというがあるのかもしれません。

 

 

 

 

参考にした記事はこちら

せっかくたてた家を小さくする?「減築リフォーム」とは

SUUMOジャーナル – まだ見ぬ暮らしをみつけよう より

 

減築リフォームを選択して

これからの暮らしとモノの見直しをしたいなら、こちら

片づけサポート

 

==================

◯ライフオーガナイザー 孕石(はらみいし)さち子ってどんな人?

プロフィール

==================

 

ランキングに参加しています。

ポチッと応援お願いいたします♪

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ コーディネートへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村

静岡 片付け収納サポート*コサチ/サービス地域:静岡県中部/

サポートメニューはこちら事例・お客さまの声お問い合わせプロフィール

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL