利き脳を活かした収納

すっかり更新が遅れてしまい、いっぱい書きたいことがたまってしまったので、少しずつ書いていこうと思います。
今回、衣替え以降崩れてしまったクローゼットのオーガナイズをしました。変えたのは二つ。
*ブーツなど靴類
*冬のコート類
我が家は玄関のシューズ入れが小さく、季節外の靴はクローゼットにしまっています。夏物のサンダルより場所をとるロングブーツ、ショートブーツをいれることになったら、今までの箱、ケースには入り切らず溢れていました。
それを重ねられるケースに入れて左下に。使ったのは無印良品のものです。
もう一つの冬のコート類は、手持ちのカバーをかけて色などが視界に入らないようにしました。

夏服を選ぶとき、左側にある
冬服が目に入らないとすごく選びやすい~。

余計なものが目に入らないってそういう効果もあるんですね!
日本ライフオーガナイズ協会代表理事の高原真由美さんの本「利き脳片づけ術」。利き脳について読めば読むほど、なるほど!という発見があって、すごく勉強になりました。
ちなみにコートをいれたカバーは、主人のスーツやジャケットを購入したときについていたもの。
できればそのうち色も揃えていきたいなーと思っています。

スポンサーリンク
レクタングル大