半沢直樹にみる「妻」②

こんばんは。

昨日、時々読ませていただいているライターさんのブログをチェックしていたら

先日の記事で取り上げた半沢直樹の「妻」について

こんな記事を書かれていました。

「ドラマ半沢直樹に見る、夫の力量は妻で決まる」つぶやきかさこブログより

妻がひどければ夫もひどくなる。

妻が素晴らしいと夫も素晴らしくなる。

妻が気にしていることに夫の行動が左右される。

あくまでさらりとしか出てこない妻たちだが、

妻たちの言動を分析すると、

「この妻だからこの夫あり」ということがよくわかる。

そうですよね、妻が気にしていることに夫の行動が左右される。

何気なく言った言葉が夫に影響を与えている事って多いと思うんです。

3人の妻の中で私が気になったのが近藤さんの妻。

かさこさんはこう分析されています。

表向きはどんな出向だろうが付き合う覚悟を見せながらも、

子どものことが心配で仕方がない様子を隠しきれない。

でもそれで夫を責め立てたらかえって逆効果になることを知っているからこそ、

夫を責めるようなアホなことはしない。

でも半沢直樹の妻のように本心ではないから、

それが隠し切れずに夫に伝わってしまう。

ちょっと危うい感じがしました。

あなたのために私、我慢しますオーラ

言葉にしなくても、これってすごく夫を追いつめているんじゃないかな。

それも無意識に。

銀行に戻ったと妻に報告する際、妻は夫に抱きついたりすることなく、

すぐさま子供に報告に行く姿を見れば、

妻の関心は夫の仕事生活というより、子供すべてというのがありありとわかる。

同期の二人を裏切って銀行に戻ることができたけれど

近藤さん、家庭では本当に幸せなのかな〜とちょっと心配になりました。

大きなお世話だったらいいのですけれどね(笑)

「妻」についての価値観は人それぞれなので、

私が思っている「妻」が正しいわけではありません。

ただ、もし、夫に幸せでいてほしい、幸せな夫を見ているのがあなたの幸せだとしたら、

3人のうちどんな妻でいるのがいいのかは決まってくるのかなと思います。

私自身もいつでも自分を客観的に見ることを忘れないでいたいです。

スポンサーリンク
レクタングル大