夫から花束をもらうには

こんにちは。

静岡のライフオーガナイザーcosachiです。

ブログ更新をお休みしている間に、またひとつ歳を重ねました。

(歳をとるって言うより、重ねるって言い方、友人に教えてもらいました)

歳を重ねるごとに、色んな選択をして、経験をし、その結果が

今の自分をつくっているんですよね。

ということは、10年後の私がどうしているかは

今から選択すること、何を選ぶかで決まっていくのです。

ですから、30代最後の歳を、私らしい暮らしを選ぶ一年にしたいと思っています。

さて、タイトルでお気づきかと思いますが

みなさまは旦那さまから花束をもらったことがありますか?

fc2blog_20131104013415521

バースデイやバレンタインや結婚記念日など

もらう”きっかけ”のようなものはあるけれど、

普段から夫に花束をもらう、という方はあまりいないのでしょうか

友人に聞くと、プレゼントとかもう全然ない。

記念日も忙しくて忘れてることが多いかな。

子どもの誕生日会はやるんだけどね、お互いの時はスルーしてる。

花束どころか何もくれないから、私もあげない(笑)

というのもあったり。

時々、ブログやfacebookで

花束もらったよーというのを目にしますが、

その表情がとっても嬉しそうですよね。

欧米のように、家族や夫婦で花を贈るという

素敵な習慣が根付いたらいいのにと思います。

花束って、他のプレゼントには無い魅力があります。

特にパートナーからの花束、女性だったら嬉しいですよね?

どうしたら花束をもらえるのか、少し考えてみました。

  1. お花が似合う部屋に住んでいる
  2. お花が似合う「わたし」でいる
  3. 夫に「与える」をしている

1.の、お花が似合う部屋は、きっとすっきりしているんじゃないでしょうか。

ごちゃごちゃと色んなものがテーブルにおいてあって花を置く空間さえない。

そんな部屋には花を飾る気にはなれないと思います。

2.の、お花が似合う「わたし」は、少しでもおしゃれに気を使っている人かも。

おしゃれというのは、服装のことだけではなく、小さくても一輪でも、

普段からお花を飾るような”おしゃれ”を気遣う習慣のある妻には

夫も花をあげたら喜んでくれると思うかもしれません。

3.については、先程の「花束どころか何もくれないから、私もあげない」ではなくて、

モノではなくても普段から夫に「与える(ギブ&テイクのギブのこと)」をしていたら、

素敵なお返しが待っているかも。

今度の誕生日は、夫から花束をもらいたい!という方、

部屋の片付けや、おしゃれ、少しがんばってみてはいかがでしょうか。

ちょっとがんばってみたい!と思った方に

ライフオーガナイズが役に立つかもしれません。

こちらは、お花でサプライズができる藤枝駅近くのカフェです。

夫婦で訪れるのもいいかも♡

リピートしたくなるカフェでお花を楽しむ生活
やっぱり女性はお花が好き。お花があるだけで気持ちが明るくなるんです。来店する度に違ったお花を楽しめて、サプライズの演出サポート等もしてくれるカフェのご紹介です。

スポンサーリンク
レクタングル大