夫を支えてくれる仲間たち

こんにちは。

静岡市のライフオーガナイザーcosachiです。

昨夜遅く、日付が変わる少し前に帰ってきた夫の手には

なにやら紙袋が。

会社の方々にいただいたバースデイプレゼント。

よかったねー、何をいただいたのー?とすぐ見たがる私。

present

さっそく夫が使い始めたので、写っていないものもあるのですが

オシャレ君たちが選んでくれた品々は

さすがのセンスで、私が使わせて欲しいくらい(笑)。

すてきな傘をくれた方は、

どうやら会社のボロボロ傘を使っていた夫を見ていたらしい。

「まるで、気が利く奥さんみたいだね。」

人ごとのように言う私からは、赤のハウスワイン(しかも激安)。

「ここのところ暑いからさ、重いのは飲みにくいでしょ、軽いのにした。」

と言い訳交じりに。

(ちゃんと後日、別のものプレゼントしますよー)

私たち夫婦が大事にしたいもののひとつは、彼らの存在。

多忙な夫を会社で支えてくれるみなさん、

本当にいつもありがとう。

仕事では、きれいごとじゃすまない色々なことが起こる。

家庭にいると分からないこともいっぱいある。

それをそばで見ていて

私より長い時間一緒にいる仲間たちがいるからこそ、

彼は元気に働いていられる。

そう思っています。

夫が大切にしたいものを、妻の私も大切にしたい。

だから、夫が休みを返上してまで

仲間のために時間を使うことがあっても、

いってらっしゃいと気持ちよく送り出していける。

始めからそうではなかった。

お互いの大切なものが分かったから

そういう考え方が出来るようになったのかも。

私がこうやって好きな仕事をさせていただけるのも

みなさんの存在があってこそ。

それを忘れてはいけませんね。

いつもありがとうございます。

そしてこれからも、どうぞよろしくお願いします。

スポンサーリンク
レクタングル大