母の日を前に、義理の人間関係について思う

こんにちは。

片づけから始める!おしゃれで私らしい暮らしを目指す

静岡市のライフオーガナイザーcosachiです。

今日は母の日ですね。

昨日、義母から電話をもらいました。

お花をキレイな状態で送りたくて、一日早い到着に。

前日ですけれど、喜んでもらいましたよ。

ajisai

昨日は選択理論の研究会。先月につづき二回目の参加です。

基礎を学んだわけではないので、分からないことも多いのですが

初めてお会いした渡邊義先生の穏やかでかつ、丁寧な説明に、

今回も「なるほど〜」とたくさんの学びをもらってまいりました。

聞きたかったことの一つは、義理の両親との関わり方。

選択理論的な考え方を教えていただきました。

気の合う義理の人間関係というのは、とっても少ないのだそうです。

まるで宝くじに当たったようなものなのだそうです。

それが難しい理由は、自分で選んでいないから

結婚したのは夫だし、その夫にくっついてきた人間関係だから。

結婚してからの優先順位は、こう考えるそうです。

  1. 夫婦
  2. 子ども
  3. 義理の親など

なぜ、夫婦が一番かというと、自分が主体的に選んだ関係だから。

何か問題が起きたとき、

このファミリーの優先順位を間違わなければ、

家族機能を保つことができる

と考えるそうです。

夫婦で、家族としてどうするかを話し合うべき

と教えていただきました。

・・・ここからは、私の見解です。

好きな人(夫)の親なのだから、

結構みんな上手につきあっているかと思っていました。

宝くじに当たるくらいということは、

上手くいかない義理の人間関係はとても多いということになりますね。

自分が選んだわけではない人間関係だから、

上手く行かないのはしかたのないことなのかもしれない。

上手く行かなくて当たり前、と考えると少しラクになるのかなと思いました。

しかたのないことだけれど、義理の人間関係を問題視するあまりに、

夫婦や子どもとの関係まで悪化させてはいけないですよね。

今まで、嫁×姑みたいな、1対1の関係だと思っていましたが、

そうではなく、考えるべきは夫婦で、家族としてどうすればいいかなんですね。

この優先順位を理解して、夫婦を軸と考えていけば、

何か問題があったときも、

何を大切にして、何を守って、何を優先して

いけばいいのかが分かるのかなと思いました。

今現在問題を感じているわけではありませんが、

そんな私でも役に立つ考え方だなと思いました。

そして改めて、夫婦の関係って大切なんだと感じました。

注)上手く説明できていますでしょうか?

あくまで選択理論を元にした考えを

私なりに解釈させていただいて書いておりますのでご了承下さい。

今回は母の日を前に、家族について考えるいい機会となりました。

義先生、研究会の皆様ありがとうございました。

—————————————————————————————
お片づけサービス等のお問い合わせはこちらまでどうぞ。
—————————————————————————————
ブログランキングに参加しています。

↓読んだよ!のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ コーディネートへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
レクタングル大