親世代の片付け勉強会で体感してみました

こんばんは。

静岡市の片付け収納&コーデレッスン

クローゼットオーガナイザーのコサチです。

今日は朝から、磐田へお出かけしておりました。

「親の家の片付け」についての勉強会。

いつも楽しい仲間と一緒に♪

oyanoie_07

私たちアラフォー世代にとって

親の家って片付けたくても

片付けられない領域だったりします。

私自身、実家に帰るたび

こんなにモノが多くて、住みづらくないのかな

もっと減らしたら住みやすいのに

という気持ちになることがあります。

モノをなかなか捨てられない

親世代へのアプローチの仕方は

片付けを仕事にしている私でも、

難しさを感じていた所でしたので

今日の勉強会、とっても参考になりました。

oyanoie

親世代はどんな気持ちでいるのか。

不自由なく動ける、わたしたち子供世代と

だんだん年とともに、体の自由がきかなくなってくる

親世代とのギャップ。

そういうものを理解するのって

とても大切なんですね。

といっても、

やっぱり聞いただけでは分からないので、

実際にどんな身体の変化が起きるのかを

こんなものを使って体感してみましたよ。

oyanoie_03

こちらはおしゃれなサングラス?ではなくて

特殊な眼鏡。

oyanoie_05

視野がせまくて全然見えません。

oyanoie_04

耳が遠くなったら・・・と

これまた特殊なヘッドホンもつけてみました。

”フィンガー5”みたい、と言われた写真は

あまりに似合わなすぎてやめておきます。

ほんと、メガネ苦手なのです・・(苦笑)

あ、遊んでる訳ではありません。

いたって真剣ですよ^^

本当に、全然聞こえないんですね〜。

TVの音や、電話の声が大きくなる気持ちも分かりますね。

次は、腕におもりを着けてみる。

oyanoie_02

うわ、辛い。

これじゃあ、高い所のものをとるのも大変です。

親世代が考えている本当の気持ち

そして身体の変化

そういうことを考慮した片付けの進め方や

収納をしたいですね。

今日の勉強会でご一緒した

静岡のライフオーガナイザーです。

***********************

  • 浜松のsonicaさん

blog:トトノエル(捨ててスッキリ。キレイに暮らす。)

  • 磐田のじゅんこさん

blog:~引出しひとつからお家まで~ 片付けサポートいたします!

  • 藤枝の八木幸子さん

blog:片付けでもう悩まない50代からの整理収納術

  • 豊橋の射場久美子さん『LIFE LOG

***********************

今日も充実した学びをありがとうございました。

1日おつかれさまでした。

現在募集中の講座はこちら

———————————————————————–

もっと素敵になりたい☆クローゼットの整理講座(全2回)

月曜開催 9/27、10/26 10時〜12時

詳細はこちらから・・・・・・

————————————————————————-

静岡市の片付け収納&コーディネートレッスン コサチ/サービス地域:静岡県中部/

サポートメニューはこちら事例・お客さまの声お問い合わせ

ランキングに参加しています。

ポチッと応援お願いいたします♪

にほんブログ村 ファッションブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村

『しずおかの片づけ教室*コサチ』
事業内容:個人宅の片付けサポート、お店・企業の5S整理&販促アドバイス
サービス地域:静岡市中部地区、その他出張ご相談下さい

 
☆ サービス一覧

☆ 事例・お客さまの声
☆ ご予約・お問い合わせ
☆ メール cosachi.lo@gmail.com

 
 
こちらのボタンを押していただくとランキングが上がります。あなたにも良いことが起こるかも^^

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大

コメント

  1. 村松です。お友達登録でなくて読者登録でしたね。どこからするの!?の状態です。もうしばらくお待ち下さい。9/28の講座、調整がつけば参加してみたいな…。

    • cosachi より:

      chikakoさん、こんばんは。
      コメントありがとうございます。
      読者登録はアメブロの方ですね。
      紛らわしくてゴメンナサイ。
      アメブロから再度メッセージいたしますね!