40代のバレンタインにチョコと一緒にかける言葉は

こんにちは。

静岡市のライフオーガナイザー

cosachi(コサチ)です。

今日はバレンタインデーですね。

昨日テレビを見ていたら、そうだ!と気づき、

毎年あまり食べてくれないけど、なかったら悲しいだろうな、

なんて思いましたので、夕方買ってこようと思います。

(我が家は高級チョコでないほうがよいのです)

さて、今日はバレンタインにちなんで

パートナーシップのお話です。

スポンサーリンク
レクタングル大

人は、自分の存在を認めてほしい

人は、自分の存在を認めてくれると嬉しい気持ちになりますね。

それは、家族の中だって同じ。

心理学で言う「存在承認」つまり、

あなたのことをちゃんと認めていますよ

というサインを表すのに

相手の名前を呼ぶ

ということが有効だと言われています。

実は、外の世界では

私たち、それを自然とやっていたりします。

山田課長、お電話です。

鈴木さん、お茶が入りました。

佐藤様、お待たせいたしました。

上司や同僚や、お客さま、

そして、お友達にはもっと親しく下の名前で

陽子ちゃんとか、みっちゃんとか。

(例えの名前に特に意味はないです)

SNSでも、

コメントを返す時に名前書きますよね?

でも、なかなか家の中では

これができていなかったり。

夫婦の間で何と呼んでいますか

1.役割で呼ぶ

夫婦の間でも

パパ、ママ

お父さん、お母さんと

呼びかけるのは「役割」だったり。

11

2.呼びかけの言葉だけ

時には、それもなく

おい、あの、ねえ、

だけだったりします。

それがパートナーの間で繰り返されると、

あれ?私、ママ(パパ)としか見られていない。

家に俺の居場所がない。

自分の役割は家族を養うことや、家事をすることだけ?

そんな不満がたまっていく・・

以前ブログの記事で書いた

つき合っていた頃のように下の名前で呼んで欲しい

というこちらの女性の想いも、認められたいという

存在承認の欲求からきているものかもしれませんね。

私も、

突然「あのね〜」と話始めることが多々あり・・・苦笑

ですが、名前で呼んでいることは

夫婦仲の良さにつながる理由かもしれません。

ファーストネームで呼ぶと起こるよいこと

1.相手の存在承認の欲求を満たす

パパ、ママという役割でなく、

1人の人として、あなたという存在を認めていますよと

伝えることになるのではないでしょうか。

02

2.愛情ホルモンが増える

ある化粧品会社の研究では、

ファーストネームで呼ばれると、オキシトシンという

愛情ホルモンが上昇するそうですよ。(男女とも)

こちらがそのCM画像

こんな風に笑顔が増えたり、

パートナーがきれいに、かっこ良くなったら

嬉しいですね。

まとめ

今日は告白の日といわれる

バレンタインデー。

結婚してチョコを渡す習慣がなくなっていた人も

相手の承認欲求を満たすために、

今日というきっかけを利用してみてはいかがですか。

チョコと一緒に、

名前(ファーストネーム)で呼ぶことも忘れずに。

近しい人間だと忘れがちなことですが

自分がしてほしいことは

まずは自分からする

が、人間関係の基本でした。

バレンタインだから、ちょっとくらい

恥ずかしいこともできちゃう

いい機会かもしれません。

注)私はカウンセラーではありません。

大学時代に学んだ心理学や、人から聞いたこと、調べたこと

経験したことから書かせていただいております。

本日もブログをご覧いただきありがとうございます。

静岡市の片づけレッスン&サポートの

ライフオーガナイザーcosachi(コサチ)でした。

最新の講座&お茶会情報

2月18日(水)14時〜
「第6回静岡お片づけお茶会」場所:静岡市葵区七間町 定員:5名 残1名
参加費:500円(飲食代別途)
詳細はこちら・・・・

3月4日(水)19時〜
「忙しい毎日をラクにする15分の片づけ習慣を身につけよう」セミナー
場所:静岡市労政会館 定員:30名
参加費:800円
詳細はこちら・・・・  お申し込みはこちら・・・・