夫婦の会話が減ったときどうしたらいい?

こんにちは。

ライフオーガナイザーのcosachi(コサチ)です。

今日は夫婦の会話について。

会話が減ったとき、どうしたらいいんだろう

というお話です。

お互いがそれぞれに忙しかったり

家事や子供のことでいっぱいいっぱいだったり、

どちらかの帰宅時間が遅かったりして

一緒にすごすという時間が少なくなると

どんどん会話も減っちゃいますよね。

「会話」ってコミュニケーションには欠かせないものだし

いくら長年一緒にいて、空気のような存在だからって

会話が少なかったら、

自分のことも分かってもらえないし

相手の考えていることも分からない。

もしかしたら

話をしたいけれども

夫側は、

「お前に話したって、どうせ分からないだろう。」

妻側は、

「私の話なんて全然聞いてくれない。」

結局、話せばケンカ(相手を批判)ばかり。

共通の話題と言えば、

子供の教育、学校、お金

冠婚葬祭、親のこと。

これは相手を意識した

会話じゃないから、

お互いが自分のこと

分かってもらえてるとか

自分のこと見てくれてる

という思いにはならない。

満足感は不足したままな気がします。

私(俺)のことなんて気にしないで

放っておいて、関わらないで

片方はそう思っていても、

意外とお相手のパートナーは違う気持ちで

いらっしゃるんじゃないかと。

寂しい気持ちでいるのかもしれない。

でも

それも、話さなきゃ分からない。

我が家もほとんど会話する時間がないときは、

やっぱり相手の考えていることが分からなくなってしまいます。

そこで、会話をするきっかけとして

以前から気になっていた「クオリティタイム」が

有効なのかな、と思い

先月の選択理論の勉強会の時に、

クオリティタイムについて聞いてきました。

※勉強会から少し時間が空いてしまいましたが、

自分の覚え書き用としても記事にしておきたいなと思います。

次回へ続きます。

スポンサーリンク
レクタングル大