楽しい、家族が喜んだ、自信がついたという幸せを

こんにちは。

おしゃれで私らしい暮らしを目指す!

静岡市のクローゼットオーガナイザーcosachi(コサチ)です。

この度、念願のクローゼットオーガナイザーの資格を取得いたしました。

クローゼットオーガナイザーとは、

衣類など「着るもの、身につけるもの」の収納環境を整えて、

お客さま自身が「私らしい」装いができるよう

サポートするオーガナイザーのことです。

私がこの資格を取得するにいたった経緯を

少しお話ししますね。

ちょうど2年ほど前、ライフオーガナイザーという職種を知った時に

一番興味を持ったのがクローゼットオーガナイザーという仕事でした。

当時お店で働き、洋服も扱っていたということもあり、

お客さまに服やコーディネートをおすすめして

喜んでいただくことにやりがいを感じていました。

「この前買ったあれね、すっごく気に入ってて、よく着てるの

実際に着て来店された方が、とてもよくお似合いで

「これ、持ってる服と合うし、仕事にもお休みの日も使えるのよ」

そんなお声を聞くと

あ、服を買っていただくことで、お客さまに「幸せ」を提供できたんだなと

感じることができたんです。

closet02

でも、いつも解決しない疑問がありました。

洋服を買って行く時は、嬉しそうにお帰りになるけれど

買った服をちゃんと着ていらっしゃるのだろうか?

使いこなしておしゃれを楽しんでいらっしゃるのだろうか?

その疑問は、

時々お客さまから聞くこんな言葉からきたものでした。

「これと同じようなの持っているのよ。でもあんまり着てなくて

「たくさん服は持っているんだけどね。いつも着る服がないの

そんなお客さまには、お持ちの服に合いそうなものをおすすめしたり、

お店の服を使って、何パターンかの着回しをご提案していました。

せっかくお金を出して買った洋服、

たくさん着て欲しいし、楽しんでいただきたい。

当時、そんな疑問や思いを持っていたので

お客さまのお持ちの服をもし見ることができれば、

もっとお手伝いができるのになー。と考えていました。

でも、お客さまとの接客時間はわずか数十分ほど。

どんな服をお持ちなのか、想像できることには限界がある。

そのころに出会ったのがクローゼットオーガナイザーという仕事でした。

ヒアリングに時間を取り、お客さまのお気持ちをじっくり伺い、

お持ちの服を全て見直しして、好きな服、着る服だけを残し

それを活用できるようになったら、

着ない服を買ってお金を無駄にしてしまうより

もっと「幸せ」「楽しい」を提供できるんじゃないかって。

オーガナイズ後に、ご自分でお買い物をするときには

もっとおしゃれを楽しめるような、本当に着る服だけ

買っていただけるんじゃないかって

そう考えるようになったのです。

私自身、好きなもの、好きな服しか持ちたくないという価値観のため

お客さまに対して、

着ないかもしれないけど、たくさん買ってもらおうという考えにはなれなかった。

販売員としてはちょっと落ちこぼれ?だったのかもしれませんね(笑)

※販売員=たくさん買わせようという人ばかりではありませんので、あしからず。

今は、ライフオーガナイザーになり

クローゼットオーガナイズのサポートで

  • 服が選びやすくなった。
  • 毎日のコーディネートが楽しくなった
  • 主人が喜んでくれた
  • 洗濯物がしまえるようになった
  • 毎日の支度が楽になった
  • 開けるだけで楽しい気分になる

などの感想をいただくようになりました。

それを聞くと、

あ、洋服を通して「幸せ」を提供できたのかなと思います。

この「幸せ」とは、単に「らくになった」ということだけではなくて

「楽しい」「家族が喜んだ」

「自信がついた」

こんな幸せのことです。

これからは、クローゼットオーガナイザーとして

こんな幸せを感じていただけるよう、

お客さまのお力になりたいと思っております。

改めましてどうぞよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
レクタングル大