仕事で活用できる「自分の強み」を知る方法

こんにちは。しずおかの片づけ教室コサチの孕石さち子です。

 

 

自分のことを分かっていると仕事もやりやすく、プライベートも生きやすくなりますよね。

 

 

仕事上でも自分のもっている「強み」を知っていると活用できます。

 

未来のきらきらを手にしている

 

「VIA-IS」という強みを診断するツールはメンタリストDAIGOさんも紹介している、心理学のプロが作ったもの。

 

 

仕事で使うとしたら、「自分を知る」のももちろんのこと

 

 

 

例えば、会社の社員さんたちにこのテストを受けてもらい、それぞれの「強み」を知ることで、社員や部下の方たちの「強み」を発揮できそうなプロジェクトや仕事を与える。そんな活用の仕方も考えられそうですね。

 

 

 

ネットの無料診断で、120問の質問にチェックしきます。出てきた上位5つが特徴的な強みだそうです。

ここから診断できます。

 

 

 

 

ここからは私の結果なので、ご興味ある方だけご覧下さい^^

 

 

 

 

ちなみに私の上位は・・・

 

  • 愛情 
  • 好奇心
  • 希望 

 

 

 

これ、結果を出した日付を見てみたら、3月14日(ホワイトデー)で。

(関係ないけど)

 

 

一番目が、「愛情」ですか・・・笑。

 

 

そういわれてみると、確かに「愛」と「好奇心」は、私の今の仕事の要になっている気がします。

※ここでいう「愛情は」男女に限らず。

 

 

 

ただただ「合理的に」というお仕事にはほとんど出会わないですし、周りは「愛」をもってお仕事している、会社や家庭という周りを大事にしている人がほとんどですね。

 

 

でも、「愛」という言葉、普段はあんまり使いませんよね^^

言葉にすると若干恥ずかしいし。

 

 

あえて今回は使ってみますが、

「愛」のあふれる人や、お仕事のご縁、大歓迎♪

なんてね。

 

 

それから、3位の希望 [楽観性、未来志向]

素晴らしい未来を描いて、それが達成できるように努力する。良い未来がもたらされると信じる。希望を強みとするあなたは、最善の未来を描き、それが達成できるように努力する人です。未来は自分の意思で切り拓いていくことができるものだと信じています。

 

だそうです、、笑。

これ、私自身のことというより、クライアントさまやお客さまに対しての、私のスタンスを表してくれてました。

 

未来につながる線路

 

自分ではあまり実感として分からなかったことが分かるので、たまにはこういうツールを使ってみるのも面白いですね。

 

 

 

 

 

まだ読んではいませんが、時々気になるDAIGOさんの本。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL