習慣づくりのヒント「あなたのおへそはなんですか?」

こんにちは。しずおかの片づけ教室コサチの孕石さち子です。

久しぶりのブログになりました。書きたいことがいっぱいたまっております^^

いくつかまとめてUPしますね。

先日、三保原屋LOFTさんでのトークショーに行ってきました。

お話は、とある雑誌の編集をされている一田憲子さん。

暮らしのおへその一田さんと

その雑誌とは、主婦と生活社から出ている「暮らしのおへそ」です。

(私が手に持っているのは、別冊の雑誌になります♪)

実は大変失礼ながら、私、この雑誌のことを存じ上げませんでした。

一田さん、すみません^^;

ですので、「おへそ」と聞いたとき

おへそってタイトルが不思議で、どういう意味なんだろう?と思ったのですね。

そのインパクトで覚えていただくことも多いそうです。

おへそとは、習慣のことなのだそうです。

その人だけが持つ習慣、

その人の根っこをつくるもの、

それをおへそと名づけました。

「暮らしのおへそ」HPより

背骨が積みかさなるイメージで、その真ん中にあるもの。

つまり、おへそ。

一田さんのお話は、今までインタビューした方のおへそのおはなしだったり、

ご自分のことであったりととても興味深かったです。

芸能人の方でいえば、夏木マリさんや大竹しのぶさん。

あと、小泉今日子さんや片桐はいりさんのお話も。

あー、この方らしいな〜というエピソード等も出て

とても楽しく拝聴してました。

伺ったお話の中で出てきた

おへそ=習慣についてのヒントをいくつか私流にまとめてみたので

ブログをご覧のあなたにもシェアしたいと思います。

※ヒントと言っていた訳ではなく、私がヒントになりそうな言葉を拾わせていただきました。一田さんはおへそと言っていた所を、分かりやすく習慣と書き換えています。

①りっぱなことをしなくちゃいけないことではない。丁寧な暮らしの本ではない。そのひとにとって心地よければそれが習慣。

②(早起きのお話の中で)できないとしたら、今は必要ない習慣、だからできない。いくらよさげな習慣でも、その人に取って必要でなければ定着しない。

③習慣は人それぞれ、優劣はない。正解はない。

④人は頭でこうしようって思うより、身体で気持ちがよい方が習慣にすることができる。

⑤習慣はまずはマネから始まる。続かないことは必要ないことかも。定着するものだけを残していけば、その人の習慣になる。

ここからは私の意見です。

新しく良い習慣を身につけなくちゃ!と私たちは考えがちですが、

既に持っている習慣を改めて見つめてみると、

自分の根っこが見えてくるのではと思います。

「あなたのおへそは何ですか?」

①人に言えるりっぱなことでなくていい

②心地よいと思えること

③気持ちがいいと思えること

④なんとなく定着していること

それが今の自分をつくっている根っこの部分かもしれない。

それを知った上で、

この人の習慣いいな〜をマネしてみる。

変えてみたいところがあったら、少し変えてみる。

気持ちよければ続くし、定着しなければ必要なかったこと。

あなたの習慣づくりのヒントになれば嬉しいです。

(私も早起きはいまだに習慣になりませんけどね、

今は必要ないのかな。。。笑)
暮らしのおへそ最新号はこちらから。

『しずおかの片づけ教室*コサチ』
事業内容:個人宅の片付けサポート、お店・企業の5S整理&販促アドバイス
サービス地域:静岡市中部地区、その他出張ご相談下さい

 
☆ サービス一覧

☆ 事例・お客さまの声
☆ ご予約・お問い合わせ
☆ メール cosachi.lo@gmail.com

 
 
こちらのボタンを押していただくとランキングが上がります。あなたにも良いことが起こるかも^^

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大