お気に入りの服を自由に楽しんでいたのだけど・・・

こんにちは。

静岡市の片付け&コーデレッスン

クローゼットオーガナイザーのコサチです。

 

 

 

 

GWもまっただ中、お天気もよいですし

みなさんお出かけを楽しんでいらっしゃいますか?

私も明日から出張など外出が続くので

それを楽しみにしながら

家の中のこと、片付けておこうかなと

思っています。

 

 

******

 

 

 

さて、先日のつづきです。

 

 

 

 

「その服かわいいね」

「それ、どこで買ったの」

と小学生の頃から聞かれることがあった私。

 

 

 

 

 

みなさんもきっと

同じようなこと、あるのではないかしら。

 

 

 

 

持っているものや着ている服を褒められるのは

決して嫌ではないし、嬉しいこと。

 

 

 

 

 

でも、なんか、違うなー

という気持ちを持ち始めたのは

20代中ば頃でした。

 

 

 

 

 

そのころ働いていた仕事場は

服装は本当に自由な場所で。

 

 

 

 

 

極端な例で言うと

鼻にピアスのプチパンクファッションで

やってくる若者もいれば

キレイめなスタイルのお姉さんもいらっしゃいました。

(どんな職場か想像できませんよね 笑)

 

 

 

panku

 

 

 

私自身はというと、

ちょうどOLを辞めた後の仕事でしたので、

着たい放題、自由な服を楽しんでいたのでした。

パンクはさすがに着てませんけどね。

 

 

 

 

 

ある日は、

母のお下がりのブランドワンピを

ちょうど今流行しているような

ふわっとスカートに自分でリメイクして

袖のないトップスに合わせたり。

 

 

 

wanpi

 

 

 

ある日は、

Tシャツにデニムにスニーカーで

「今日はカジュアル♪」

と楽しんでいました。

 

 

 

 

 

そんなあるとき

男友達に、こんなことを言われたのです。

 

 

 

 

 

「コサチってさあ、

気合い入ってる日と、入ってない日の

落差があるよね!」

 

 

 

 

 

「へ!?」

 

 

 

 

 

一緒に働いていた同僚でもある彼。

毎日職場で会っているわけです。

 

 

 

 

 

どの日も、お気に入りを着ていただけで

別にとり立てて気合いを入れてはないけど

どうして、落差があるって言われちゃうんだろう?

 

 

 

Tシャツ

 

 

 

謎に包まれた私に、

彼がさらに続けた言葉とは?

 

 

 

 

 

またまた続きます。

 

 

 

 

 

 

ランキングに参加しています。

こちらの記事が役に立った、よかったと思われたらポチッとお願いいたします♪

にほんブログ村 ファッションブログへ
にほんブログ村

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL